トップメッセージ

暮らしをプロデュースするチャレンジ企業を目指します!

各事業部の枠を乗り越え、次のステージへ

當社はこれまで10社以上の企業が集結し発展してきました。

その強みは、個々の會社が保有してきた特色と専門性にあります。それらが多種多様な仕販先に支えられ、それぞれの業界でトップクラスの占有率を誇るまでに成長しました。

ところが、時代は今大いなる変革を求めています。日本は世界に類を見ない人口減少國家へと変ります。一方世界は100億人に向けて爆増中です。

當社は今、従來の枠を全て打ち壊し、當社と當社の仕販先のリソースをフル活用し、新たなステージを切り開く変革期にいます。

それに伴い、社員の責任を明確にするため且つ自由な発想の下各事業部の自立自走を目指すため、2020年1月より事業部制へと移行しました。

先を見據えて手を打つ。チャレンジする。

ワクワクする活気のある會社にしていきたいものです。

海外を含めた市場に先手を打つ

世界市場の高い成長が見込める分野に、ジャパンブランドを投入するは當たり前です。

暮しを支える分野(食?癒し?農業)において、その高い安全性と安心と食味を作る手法を世界に広げる。

この「世界に広げる!」がキーワードです。言い換えれば、「MADE BY JAPAN」とでも言いましょうか。中國における直営農場では、その市政府の支援を受けながら地域特産の青果物を様々な企業と連攜しブランディング化し、地域全體の農業従事者の底上げを行っています。

その他にも様々な案件が目白押しです。また、このようなスキームをIT化することを企畫しながら、農業全般の底上げを図り、世界の暮らしに貢獻することをスローガンに様々な新規チームが誕生しています。一方國內では當社獨自の栽培指導により青果物生産チームを育成し、付加価値の高い商品を流通させる事にも注力しています。他にも一次産業における廃棄物等を肥料へと変換する循環事業にも積極的に取り組んでいます。

未來を想像し、事業を創造する。そのような力強いチャレンジ意欲のある若い力を求む

當社では、社內ベンチャー事業コンテストも実施しています。こんな事業をやりたい!を応援する。全ての社員に平等に機會を提供する事にしています。

どんどん杭よ出てこい!出る杭は引っ張り上げるです。

チャレンジする。つまりは、創造力?企畫力?説得力?行動力です。全てを兼ね備えるに越したことはありませんが、足りない部分は仲間で補う。そんなアグレッシブな會社を目指しています。

「自分を取らなきゃ損だぞ!」「自分なら力になれる!」「海外に打って出たい!」そんな意欲のある若い力に期待しています。

代表取締役社長
<蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <文本链> <文本链> <文本链> <文本链> <文本链> <文本链>